創業200年の赤澤朝陽の匠シリーズ

創業200年 赤澤朝陽の匠シリーズ

赤澤朝陽の本格伝統厨子は、1つ1つが手作りです。金箔の種類や彫の仕様など細かく設定をし、世界に1つだけの本漆厨子や総金厨子をお作りします。お客様のご希望に沿って、サイズ決めから製作をスタートします。お部屋の間取りや設置する場所など、お気軽にご相談下さい。床の間の設計・ご相談も承ります。

工場風景

ここは、高地で夏は涼しく、冬は厳しく寒いという独特な気候が漆工に適していることもあって、江戸時代を通して中山道随一の漆器生産地として栄えてきました。木曽五木を始めとする豊かな森林資源に恵まれ発展してきた木曽漆器産業は、400年以上の伝統を誇り、今なおその伝統技術を継承し、地場産業とし発展しています。(今日においても漆器生産量は日本有数)

匠の職人たち

木地職人・箔師・塗師・金具職人などで構成される職人チームが赤澤朝陽の最大の特徴です。200年の伝統と技術だけではなく、常に未来を創造する努力と工夫に挑戦し続けています。見えない所にまでこだわりを持ち、「親切・丁寧」をモットーに、お客様目線に立って、ご納得頂けるお厨子をお作りします。

本格漆厨子 春日厨子

本格漆厨子 六角厨子

圧巻の総金箔仕様 総金厨子・鳳凰